腰痛 肩こり 横須賀 坐骨神経痛 全身疲労 骨盤体操指導 ふれあい整体院
簡単!足のむくみ取り
静脈やリンパの流れが正常ならば、余分な水分は回収されるのですが、
立ちっぱなし、座りっぱなしは筋肉の収縮が少ないため、
回収されずに浮腫んでしまいます

「歩けばいいだろう」と、がむしゃらに歩き続けますと、今度は筋肉が疲労して、収縮作用が低下し、やはりむくんできてしまいます。
ほどほどで適度なウオーキングがお勧めです。 猛暑の日や雨の日には家の中で「ゴキブリ体操」をされると良いですよ。
美脚モデルさんたちも行っています。  o(^▽^)o
耀く星空を見せてあげたい!! 「首が痛い・手がしびれる」
自動車事故での「むち打ち」で、あるいは「寝違え」て首が痛い。
「そのうち治るだろう」、と軽く考えていたら、逆に酷くなってきた。手のしびれもある。という方が多く来られます。
よっほど「頚椎の損傷がひどい」以外、個人差はありますが、
「首の痛み・手のしびれ」にかなりの高結果を出せております。
特に原因が明らかな症状、例えば「上を向くと首が痛いし、手のしびれも強くなる」人は明らかに頚椎からきていますので、施術方針も立てやすいです。
特に「しびれ」はおおもとの原因箇所が特定しずらかったり、そもそも「しびれが今は無かったり」のひとも多いので、簡単にはいかない事も事実です。

とはいえ、病院でも見放され、20年近くも、「首の痛み・手のしびれ」で困っている女性が、2回の施術で9割がた改善した例もあります。

「星空が見られますように」

「歯医者さんや美容院さんで首がつらくないように」

「うがいもしっかり喉の奥までできますように」


決してあきらめないで、ご相談くださいね。 (^◇^)
後ろ歩き
腰痛、肩こり、猫背などは姿勢を良くすることで、かなり改善が期待できますが、では姿勢を良くする方法って?
一つの方法として、おすすめしたいのが後ろ歩き、更に言えば、プールなどでの水中後ろ歩きです。(倒れても安心!)
日常生活において、必ず前方を注視し、腕を前に出して、肩が内にまるまり首を前に出して猫背になります。
後ろ歩きをすることによって以上の事が無くなり、更に脚の後ろ側のハムストリングや内転筋が鍛えられ、O脚や膝痛、更に腰痛、背筋痛にも良いとされています。
ぜひとも危険が無い所でお試し下さい。
「足がつる」と「閉塞性動脈硬化症」
「足がつる」・「脚が痛い。痺れる」などの症状が起こる一つに
「閉塞性動脈硬化症」
があります。
重症になると手術ということになるようですが、そこまで酷くない症状ということでしたら、
以前TVで放映されていた、素晴らしい治療法を、見逃した方にご紹介したいと思います。

方法は、いたって簡単。
仰向けに寝て「ゴキブリ体操」を1分間するだけです。(足首をぐるぐる動かす)
そして「足がつる」・「脚が痛い。痺れる」などの症状がある足先がもう一方の足先に比べて白くなっていたら、血が通っていない証拠なので「閉塞性動脈硬化症」の恐れがある
、ということです。
そして注目すべきは「閉塞性動脈硬化症」の治療法です。
「1分歩いて、3分座って休む。」これを10回繰り返す。
この方法を週に3回行うだけです。

すると、脚の動脈がせばまって、途切れているような血管の近くに、新たに「動脈のバイパス」ができてくるようです。
こんなに簡単な方法で「閉塞性動脈硬化症」が改善されるのなら、
ぜひとも行ってみたいですよね。   ヽ(´▽`)/
「腰のいたみ」と「脚のストレッチ」
腰のいたみの予防法として一般にいわれているのが、腹筋・背筋・殿筋の筋トレですが、それ以上に大切なのが「脚のストレッチ」です。
仕事・家事等で上半身は様々な角度で動かします。
その動きに伴って骨盤も上半身の動きを助けるように前傾・後傾等するのですが、 脚の筋肉が硬いと、太ももの筋肉は皆、骨盤に付いていますので、上半身の動きについていかず、あるいは逆に動きを阻害してしまいます。
脚のストレッチをして骨盤をフリーな状態にしていれば、「おじぎすると痛い、腰を反ると痛い」などが、かなり緩和されます。
筋トレは筋肉が柔軟になってから行った方が、より効果が上がりますよ。(^O^)
「筋肉疲労」と「疲労感」
「疲労」は例えば、この仕事・作業などが終わった後に、お寿司や豪華な食事・飲み会といった「ご褒美や楽しみ」が待っている。
「周囲からの期待に応えた」・「達成感に酔う」などによって「身体が疲れているにもかかわらず、あまり「疲労」を感じないことがあります。
実際には「筋肉疲労」自体はなくなってはいなくて、「疲労感」だけが無くなったにすぎない。
この現象を、「疲労感がマスクされる」といいます。
「筋肉疲労」は残ったままなので、ケアは必要になってきます。 でも、肉体的・精神的の両方が疲労するより、よほどいいですよね。
疲れた後の、「ご褒美の一杯」、だいじかな~!?。(*^-^*)
「足を組む」と「顎関節」
座るとすぐに「足を組む」人がかなり見受けられます。
そうすると、骨盤・背骨・頭が傾いてきます。(;O;)
当然、顎関節も傾いたまま、ズレた状態で顎を動かしています。
噛合せが悪くなり、噛む力も弱くなってきます。(*´Д`
)
「足を組む」動作はそもそも座っている際に、腰が丸まっていなければしずらいので、腰をスッと立て姿勢を良くすればやらなくなります。

「姿勢を良くする」。それは皆さんが思われている以上に、大事なことですよ。
骨盤矯正って脚の長さを合わせることなの?
腰痛治療でベッドに寝かされて、「右脚が5ミリ左脚に比べると短くなってます。骨盤矯正で脚の長さを揃えると、腰の痛みも取れます。でも1回矯正しただけではまたすぐにもどってしまうので、5回を1セットで行っています。」
なんて言われたこと、ありませんか!
ハッキリ申し上げて脚の長さを揃えても、腰の痛みは、まず取れません!(*´Д`)
そもそも、脚の長さは横になった際、身体が少しでも曲がっていたり、片側の服にヨレやしわが多くなっていたり、股関節・膝関節につまりがあったりでも違ってきます。
それに身体の固さ、年齢、骨盤の状態が各々違うのに、一律に「5回1セット」というのも、おかしいですよね。
ホントの骨盤矯正をすると、腰痛や股関節のつまり・動きがその場でかなり効果がでます
もちろん身体は皆違うので、個人差はあります。

しかし、一律に「5回1セット」ではないし、単に「脚の長さを揃える」ことが骨盤矯正では無いってことは知っておいてくださいね。(*^-^*)
不ッ思議~!?  「手・足」と「身体」
「手・足」には身体全体を投影させている「ツボ」や、「反射ゾーン」なるものが、東洋でも西洋でも言い伝えられている事は皆さんもご存知だと思います。
ここでは、単なる「ツボ押し」以外に、不思議な「手・足」と「身体」のつながりを少しだけご紹介します。

*足の指を「ギュッと」つぼめると、首の屈曲(下を向く)や立位前屈がしやすくなる。(つぼめたまま足ふみするのもいい)

*右手を前に伸ばし、人差し指を「内・外」にひねる。すると、ひねった方に顔も向きやすくなる。

*両手の平を顔の正面に向けるようにする。そして4本の指を後ろに反らすと首の伸展(上を向く)がしやすくなる。

特に上記のような動きが「硬い・痛い」人は試す価値はあります。

他にも「手・足」と「身体」の関係で面白い繋がりが結構あります。
不思議なことって身体にはいっぱいありますよ。(^^♪
知らないほうが幸せカモ!?「カタこり」と「自覚症状」
「美容院」・「マッサージ店」で「あなた、肩コッテますね~!」と言われている方、かなりいらっしゃいますね。
「やっぱり」という方もいますが、 「肩がコッテるなんて思ったこと一度もない」という方も多くて、なかには行くたびに言われるので、だんだん「カタこり持ちになってしまった」と怒っている人もいます。( `ー´)ノ

「美容院」・「マッサージ店」では「あいさつ代わり」に「コッテますね~!」と言ってしまっている店員もいるようです。
自覚症状がなく、取りたてて「痛い、つらい」ことがなければ、「あいさつ」だと思って聞き流してもいいと思います。

怖いのは、暗示効果で本当の「カタこり持ち」になってしまうことですから。

でも世の中って、「知らない方が・言われない方が幸せ!」ってこと、
結構ありますよね。o(^▽^)o
場所は近いですが(*´Д`)  「股関節痛」と「恥骨痛」
立った状態で膝を曲げて外に広げると「股関節が痛い」
よくある症状でその場で解消することがほとんどですが、

「少し楽になった感じだけど、やっぱり痛い」とのこと。
何か変だ。

その男性の痛くて押さえている場所が、
股関節より、むしろ股間に近い。
あおむけで恥骨を押してもらうと「イテテテ」。
股関節の施術をしても、いまいちのはずです。
そして「恥骨痛」の施術をし、立って痛む動作をしてもらいましたが、痛みは消失していました。
場所は近いですが、施術法は異なります。